写真やイラストを使った名刺ってどうなの

会社員、特に営業職の人は名刺を常に持ち歩いている人が多いでしょう。
なぜ名刺が必要なのかというと、自分の会社や役職、連絡先を相手に伝える時に便利だからです。
名刺を持っていれば後で連絡することもできますし、仕事上都合が良いことが多いです。
基本的には会社名、名前、役職などが記載してあれば十分ですが、個性的なものだと趣味や特技などを記載することもあります。

どれも同じようなデザインではつまらない、他と一緒で埋もれてしまうという場合は写真やイラストを使うという選択肢もあります。
写真は自分の顔や上半身がうつっているものが多いですが、取り扱っている商品に関係するものや、会社のキャラクターなどでも良いでしょう。
何かインパクトのあるものを載せることで、印象に残りやすくなる可能性もあります。
イラストを使った名刺は、クリエーター系の仕事をしている人が使用することが多いです。自分の代表作を使うのもありです。

写真やイラストを使った名刺作成に使われる印刷用紙の種類と特徴

写真やイラストを使った名刺作成に使われる印刷用紙の種類と特徴を簡単にまとめました。
まず名刺作成に使われる印刷用紙の種類は大きく分けて二つあります。
つや消しと光沢紙のどちらを使うのかという点です。
名刺作成を考える時は、まずは素材をどのようなものにするのか決めましょう。
名刺作成に使われる印刷用紙の特徴を見ると、やはり手触りがよくて高級感があるものが好まれます。

最近は光沢紙を使う会社も増えていて、写真やイラストを使ったものも多いです。
名刺作成で一番大事なのは、手に取ったときにどのように感じるのかというところです。
自分で見るものではなく、相手が見て判断するものなので、必要ない情報を載せてしまうのは逆効果になることもあります。
サイズも一定のほうが管理しやすいですし、最近はLINEやアプリなどで連絡先を管理することもあるので、名刺という存在自体が必要なのかという議論も生まれています。

まとめ

写真やイラストを使うのはどうなのか、名刺作成に使われる印刷用紙の種類と特徴などを詳しく解説しました。
以前までは名刺交換というのは当たり前に行われてきたものですが、今の社会を見ていると名刺を重視しているのは40代以降の中年といわれる世代の人が多いです。
若者はSNSやアプリで情報を管理していますし、紙に書いてある文字を読むという習慣も薄れつつあります。それでもビジネスにおけるメインの自己紹介方法であることは間違いないです。